読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご自愛ください

書きたいこと書きます

【ビジネス用語備忘録】AIDMA、AISAS

いつもお世話になっております。安藤です。

本日はマーケティング用語を2点ご紹介します。

(本記事は私個人の備忘録的な要素を多分に含みます)

 

AIDMA(アイドマ)

広告を見た消費者が商品購入を決定するまでのプロセスを表す理論です。

・Attention(注意)

・Interest(関心)

・Desire(欲求)

・Memory(記憶)

・Action(行動)

上記の頭文字をとってAIDMA

 

AIDMA理論では、消費者は以下のプロセスで購買活動を行うとされています。

「広告に注意をひかれ(Attention)、

 商品に関心を持ち(Interest)、

 欲しいという欲求が喚起され(Desire)、

 情報が記憶に残るので(Memory)、

 実際に店舗で購入という行動をとる(Action)」

 

実際のマーケティングでは、消費者がAIDMAの流れをスムーズに流せるよう、各プロセスでの課題を整理するためにAIDMAを使うことができます。

 

AISAS(アイサス)

AISASはネットでの購買決定のプロセスを表す理論です。

・Attention(注意)

・Interest(関心)

・Search(検索)

・Action(行動)

・Share(共有)

上記の頭文字をとってAISASです。

 

AISASでは消費者は以下の行動をとるとされています。

「ネットで目にする商品情報に注意をひかれ(Attention)、

 関心を持つと(Interest)

 その商品を検索し(Search)

 そのまま購入行動をとる(Action)

 購入後はSNS等で情報を他人と共有する(Share)」

AIDMAとの違いは、SNSによる共有によって1人の消費者のAISASプロセスが別の消費者のAISASプロセスにつながることです。

ネットでのマーケティング戦略にはSNS等による口コミの効果が大きいことを示しています。

 

以上、よろしくお願いいたします。